「畑日記」カテゴリーアーカイブ

山から秋が始まって…。


秋のお彼岸も過ぎ、朝晩の空気も少し肌寒さを感じます。
夕方、日が落ちるのもずいぶんと早くなっています。

山の家の前には栗の木がありますが、今年はよく実がなりました。イガがはじけて、朝になると実が落ちています。
山栗は小粒ですが、とても甘くておいしいです。人間だけではなく、山の動物たちも大好物です。
今年は山のいたるところで、たくさんの栗が落ちています。動物たちにとってはまさに実りの秋でしょう。


夏のトマトもほぼ終了し、片付けを行いました。青い未完熟のトマトを最後に収穫し、ピクルスを作りました。
今回はカレー粉を加えて作りました。秋冬に食べるシャキシャキの爽やかなトマトも楽しみです。


秋冬野菜の種まき、植え付けも終盤です。写真はレタス。白菜、ブロッコリー、きゃべつ、ほうれんそう、
小松菜などなど慌ただしく作業が続きました。 夏野菜が終わっていくのを見ると少し寂しくなりますが、
入れ替わり秋冬野菜でいっぱいです。週末の稲刈りは台風の接近でどうなるか心配です。
(お茶の花も咲き始めて、やっぱり秋ですね。)

猛暑の中の秋の気配・・・。


毎日蒸し暑い日が続き、夕方から夜にかけて豪雨とも呼べる雨がふる日が多く
なっています。
ひと昔前の夏の日のイメージが、大分変ってきているのを感じます。

そんな天気の中、田んぼもすっかり秋の気配が漂っています。
花が咲き、穂が出てきました。「出穂(しゅっすい)」の時期を迎えました。
例年より、10日くらい早そうです。今年は、稲の成長も順調で、4年前の豊作の年と田んぼの様子が似ています。このまま、台風などの被害にあわずに無事収穫の日を迎えたいものです。


左から冬瓜、ごま、そしてキャベツやブロッコリーの苗です。
これから収穫を迎える野菜や、秋冬に向けて植える野菜が重なっているお盆の時期です。

雨の季節に入って・・・。


今年は6月6日に関東地方の梅雨入りが発表されました。
梅の実は例年よりかなり早く大きくなり、収穫を始めています。
青梅を加工場にもっていき、梅ジュースに加工してもらいます。
甘酸っぱく、さわやかな味が今年も楽しみです。

家に通じる山道では「エゴノキ」の白い花が満開です。
地面に花が落ち、一面が白いじゅうたんのようになると、梅雨が近いことを
知らせてくれます。


先週末に田植えを行いました。
もち米は毎年、親子で田植え体験も兼ねて手植えをします。
小さい頃は泥遊びで夢中になっていた子が、何年か後には手際よく苗を
植えていく姿も見られ、毎年の恒例行事になってきました。
10月の黄金色の稲穂が今から楽しみです。

畑も冬から育ててきた作物の収穫がピークを迎えています。
雨や湿気、晴れ間の暑さで体調も乱れがちですが、旬のやさいをたくさん
取り入れて、乗り切っていきたいものです。

初夏の風景・・・。


5月に入り、山の若葉が一気に広がりました。山全体が生きるエネルギーに満ちて
います。


畑も緑が青々してきました。
玉ねぎが大きくなってきました。今は葉も食べる「葉玉ねぎ」が旬の味。ヌタ、
油いためなど季節限定の味です。
稲の苗も青さを増してきました。1か月後の田植えに向け、成長中です。
ハウス内にはこれから畑に植え付ける、なすやきゅうり、ピーマン等々の苗が待機中
です。


奄美地方は早くも梅雨入りしましたが、梅の実も日々大きくなっていきます。

春も半ばを過ぎ…。


今年は冬が寒かった分、暖かくなってきたらと思ったら、一気に気温が上がりました。
冬を越した玉ねぎも青々としてきました。3月に植えたキャベツやレタスも大きくなっています。


標高600mの畑は、今が桜の見ごろです。しだれ桜、山桜、花もも、ヤマブキなどが一斉に咲いています。
それに合わせ、じゃがいもを植えました。
あれだけ凍っていた土も、今は元の畑の土に戻りました。


今年も田んぼの水が入りました。先日、籾落とし(稲の種まき)を行いました。
田んぼの畦塗り(黒塗り)をして、土手を補強してから水が入ります。
水が入ると、やっぱり田んぼらしくなりますね。
昨年は天候の影響で収穫が減りましたが、今年は豊作の年になりますように・・・。

梅の花の香りが広がり…。


黒保根の畑では、今梅の花が咲いていい香りがあたり一面漂っています。
咲き始めたのは2月の下旬で、寒い日が多かったので例年に比べ遅い年でした。
その後暖かい日が続き、ここ2~3日で急に花が開き始めました。
梅の花が咲き始めると、徐々に畑の準備が始まります。


早速、キャベツの苗を畑に植えました。
今年に入り初めての植え付けで、いよいよ畑も動き出しました。
まだ、冬が戻ってくる日もあるのでビニールトンネルで覆い、
寒さに備えます。

畑の春が始まり・・・。


日差しが少しずつですが、暖かくなっています。
日暮れの時間もずいぶん遅くなってきました。
それでもまだまだ外は寒さが厳しい毎日です。


ハウスの中では、春~夏野菜の種蒔きが始まりました。
きゃべつ、レタス、なす、ピーマンなど春から初夏、真夏に
収穫する野菜がスタートしました。


今年は2月16日が旧暦の1月1日(元日)です。
農暦として毎年参考にしているのですが、お餅をついて鏡もちに
しました。田(畑)の神様に今年の豊作を祈ります。

真冬の畑から・・・。


遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

1月も半ばになり、まだまだ寒い日が続きそうですが、地中には
春の気配が宿っているのを感じます。
去年の11月に、は種した小麦が芽吹いています。先日、麦ふみを行いました。
踏むことにより、より力強く麦が成長することができます。
今月末、もう一度行います。


お米を脱穀して出たもみ殻をくん炭にしているところです。
半日すると、黒々としたくん炭ができます。それを畑や田んぼにすきこみ、
土壌環境の改善に役たてます。微生物の住かにもなります。
まさに循環式農業です。


にんじんジュース第2弾です。1月の強い寒気でにんじん掘りが大変でしたが、
近所の友人の手伝いにも助けられ、何とか加工場に預けることができました。
これから出来上がったジュースを取りに行きます。
収穫したにんじんの中に、何本か黄色いにんじんが混ざっていました。
当たりくじのように、なんだが嬉しくなりましたが、食べてみるととても甘くておいしいかったです。


1月の風景より。空気が澄んで寒いですが、気持ちのいい季節です。
来週から春に向けての野菜の種まきが、少しずつ始まります。

雪の舞う、12月・・・。


昨夜から寒気が強まり、雪がちらついていましたが、
今朝は一面うっすらと雪が積もりました。気温も今期最低のマイナス4、5℃と
いったところです。歩くと地面がコチコチ!なのが伝わってきます。


今年の干し大根風景です。ようやく干し上がりました。
10月の長雨などで、生育が良くありませんでしたが、何とかここまでたどり着けました。
早速、週末に樽につける予定です。

ターサイが地に這うように大きくなりました。霜が強くなると、地面に伸びるようにして
葉を広げます。寒さに耐え、適応している姿をみると、有り難く「いただきます」という
気持ちにさせられます。油いためなどにすると、ほろ苦さと甘さが感じられます。
ちなみに、春に栽培すると小松菜のような立ち姿になります。栄養分の高い野菜です。

今年も「にんじんジュース」を作る時期になりました。
今年は大きさが不揃いなのが見受けられますが、収穫量としては昨年より増えています。
機械で洗い、汚れを落として、加工場に持ち込みます。
寒さがきつい分、にんじんの甘さが増したジュースが出来上がればと思います。

来春の準備も始まって・・・。


12月に入り、畑も冬の景色になりました。
来年の玉ねぎの苗をやっと植え終わりました。
にんじんはこれから霜に当たって、甘さが増していきます。


この地域で「猫の目いんげん」といわれる品種のいんげん豆です。
青いいんげんとしても、乾燥豆でもおいしいです。今年はよくできました。
セロリも大きくできました。夏場の暑さがあまりなかったのがよかったのかもしれません。


紫いもの「あやむらさき」です。
紫色が特に濃いのが特徴で、スイートポテトもおいしいです。


田んぼも来春までひとやすみです。今年は不作の年だったので、来年の豊作を
祈っています。