畑日記

2018年9月27日 木曜日

山から秋が始まって…。



秋のお彼岸も過ぎ、朝晩の空気も少し肌寒さを感じます。
夕方、日が落ちるのもずいぶんと早くなっています。

山の家の前には栗の木がありますが、今年はよく実がなりました。イガがはじけて、朝になると実が落ちています。
山栗は小粒ですが、とても甘くておいしいです。人間だけではなく、山の動物たちも大好物です。
今年は山のいたるところで、たくさんの栗が落ちています。動物たちにとってはまさに実りの秋でしょう。


夏のトマトもほぼ終了し、片付けを行いました。青い未完熟のトマトを最後に収穫し、ピクルスを作りました。
今回はカレー粉を加えて作りました。秋冬に食べるシャキシャキの爽やかなトマトも楽しみです。


秋冬野菜の種まき、植え付けも終盤です。写真はレタス。白菜、ブロッコリー、きゃべつ、ほうれんそう、
小松菜などなど慌ただしく作業が続きました。 夏野菜が終わっていくのを見ると少し寂しくなりますが、
入れ替わり秋冬野菜でいっぱいです。週末の稲刈りは台風の接近でどうなるか心配です。
(お茶の花も咲き始めて、やっぱり秋ですね。)

次の記事 >>

元気でおいしいやさいに囲まれて・・・。