畑日記

2018年1月17日 水曜日

真冬の畑から・・・。



遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

1月も半ばになり、まだまだ寒い日が続きそうですが、地中には
春の気配が宿っているのを感じます。
去年の11月に、は種した小麦が芽吹いています。先日、麦ふみを行いました。
踏むことにより、より力強く麦が成長することができます。
今月末、もう一度行います。


お米を脱穀して出たもみ殻をくん炭にしているところです。
半日すると、黒々としたくん炭ができます。それを畑や田んぼにすきこみ、
土壌環境の改善に役たてます。微生物の住かにもなります。
まさに循環式農業です。


にんじんジュース第2弾です。1月の強い寒気でにんじん掘りが大変でしたが、
近所の友人の手伝いにも助けられ、何とか加工場に預けることができました。
これから出来上がったジュースを取りに行きます。
収穫したにんじんの中に、何本か黄色いにんじんが混ざっていました。
当たりくじのように、なんだが嬉しくなりましたが、食べてみるととても甘くておいしいかったです。


1月の風景より。空気が澄んで寒いですが、気持ちのいい季節です。
来週から春に向けての野菜の種まきが、少しずつ始まります。

<< 前の記事次の記事 >>

元気でおいしいやさいに囲まれて・・・。